HDセミナーメンバーの各賞受賞



● 第5回日本物理学会若手奨励賞(第 12回核理論新人論文賞)(2011)

  阿部喬氏
  
  受賞研究: 有効場理論を用いた格子計算による低密度中性子物質の性質の解明


● 第5回日本物理学会若手奨励賞(2011)

  金澤拓也氏
  
  受賞研究: Chiral random matrix theory for two-color QCD at high density


● 第24回西宮湯川記念賞(2009)

  平野哲文氏
  
  受賞研究: 相対論的流体力学に基づくクォーク・グルーオン・プラズマの研究

● 基研研究会「熱場の量子論とその応用」ベストポスター賞(2009)

  荒木康史氏
  
  受賞ポスター: 格子ゲージ理論を用いたグラフェンの相構造の解析

  金澤拓也氏

  受賞ポスター: Dirac spectrum in dense two-color QCD

● 第25回井上研究奨励賞(2008)

  西田祐介氏
  
  受賞論文: ε展開を用いたユニタリー・フェルミ気体の研究


● 第1回日本物理学会若手奨励賞(第8回核理論新人論文賞)(2007)

  西田祐介氏
  
  受賞論文: An Epsilon expansion for Fermi gas at infinite scattering length.

                     Y. Nishida and D.T. Son, Phys. Rev. Lett. 97 (2006) 050403.

● 第1回東京大学理学系研究科・研究奨励賞(博士)(2006)

  西田祐介氏

● 第23回井上研究奨励賞(2006)

   松浦妙子氏

   受賞論文: "Ginzburg-Landau approach to color superconductivity"

●  Best Poster Award  国際会議 Finite Density QCD  (July 10-12, 2003, Nara, Japan)

    西田祐介氏

    受賞論文  " Thermodynamics of strong coupling 2-color QCD with chiral and diquark condensates",

● 第4回核理論新人論文賞(2002)

   平野哲文氏

   受賞論文: "Is early thermalization achieved only near midrapidity in Au+Au collisions at √sNN= 130 GeV ?",

           T. Hirano, Phys. Rev. C65 (2002), 011901R.

  
● 第1回核理論新人論文賞(1999)

   林垣新氏

   受賞論文: J/Psi-nucleon scattering length and in-medium massshift of J/Psi in QCD sum rule analysis,

                      A. Hayashigaki, Prog. Theor. Phys. 101 (1999) 923

● 第4回日本物理学会論文賞(1999)

   佐々木勝一氏

   受賞論文: DUAL GINZBURG-LANDAU THEORY WITH QCD MONOPOLES FOR DYNAMICAL CHIRAL SYMMETRY BREAKING.

                       S. Sasaki, H. Suganuma and H. Toki, Prog. Theor. Phys. 94 (1995)373.


● 第12回西宮湯川記念賞(1997)

   初田哲男氏

   受賞対象: 核媒質中におけるハドロンの動的構造の研究